DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:資金調達
リスケとは「リスケジュール」のことで、いわゆる返済計画の見直しのことです。

事業のキャッシュフローに対して過大な借入金を抱え、その返済が苦しい会社などが金融機関と協議して
償還期間を長期化したり、一定期間だけ元金の返済額を下げることです。
このリスケ期間にどれだけキャッシュフローを改善できるかで、企業の死期が早まったり復活したりります。

リスケは良いですよ~♪
銀行にとっては回収不能になるはずの資金を、ゆっくりではありますが回収する期待が持てますし、当初よりも多くの利息収入が発生します。
また債務者にとっては、借入返済の負担が軽くなり、浮いたキャッシュフローによって経営の選択肢が広がります。


僕はリスケをしたことがあります。
最初の物件のときに、融資でウルトラCをやってのけ、その次にやったことです。


競売で区分所有のマンションを買うと、だいたい管理費の滞納があります。
結構まとまった金額になっていることがあります。

管理組合としては、前所有者の滞納に頭を悩ませていたわけです。
支払うときは、とりあえず交渉です!(名古屋商法)


管理組合「前の人の滞納分を納めていただくことになるんですが…」

えのっち「現時点で、いくらあるんですか?」

管理組合「○○万円です。」

えのっち「え~!そんなにあるんですか!?ビックリだな~」(知ってた)

管理組合「でも払っていただかないと困るんです。」

えのっち「この物件、ローンで買ったんです。」(実はローンのおかげでゆとりがある)

管理組合「それは大変ですね~」

えのっち「きちんとお支払いしますので、分割にしていただけると大変助かります。」

管理組合「それはみんなの了承がないとお返事できませんが、いくらくらいなら払っていけますか?」

えのっち「なにぶんローンがありますし、これからリフォームもしなくてはならないので、負担が軽いほうがありがたいです。その方が確実にお納めできると思います。」

管理組合「毎月1万円では苦しいですか?」

えのっち(喜んで!…じゃなくて)「わかりました。がんばります。しばらくご迷惑をおかけします。」


ということで、償還期間5年で無利息の資金調達ができました!
いぇい♪いぇい♪

その後、組合の総会でOKもいただけて、「前の人(滞納していた人)よりも全然良い」という意見さえありました。
みんな優しいなあ。

ね!
リスケって簡単でしょ☆


金融機関に対するリスケ交渉は最後にしましょう。
リスケをしたら、先々資金調達を金融機関からするのは困難になります。
またリフォーム業者や不動産屋さんなど、長くその地で事業をする上で協力していかなければならない相手には、値切らずに素早く支払うことです。
そしてリスケの大前提は、相手にもメリットがあることです。

そんなこんなで、その無利息の資金を使って次の物件に行きましたとさ。
めでたしめでたし。



人気ブログランキングに参加しています☆

人気ブログランキングへ


おかげさまで、前日69位でした。

50位に返り咲けるよう、頑張ります☆
スポンサーサイト
コメント

No title

えのっちさんが交渉している様が想像できておかしい!(笑)
若さレバレッジ効かせてるなぁ~。

主婦レバレッジ効かせられるように研究しなければ!(爆)

yukiさん、

若いのでナリフリに構っていられません。笑
でも、これが僕の仕事のひとつなんです。

若さが許されるのも、そろそろ限界!?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。