DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:管理・リフォーム
退去した物件のリフォームのついでに、自宅のスイッチプレートを交換しました。

25年以上前に建てられた自宅のスイッチプレートは、時の流れとともに燻し銀(汚れと手アカ 笑)に染まっています。


ビフォア

1


アフター

2



うーん、写真撮るの下手だなあ。笑

ビフォアでは3つのスイッチがありますが、このうちの一つは常時通電しているので、裏で繋げたままにしてあります。
アフターの方は、押すごとにオンとオフを繰り返すタイプです。
通電していない時はホタルと呼ばれる目印灯が付いているので、帰宅時とかに手探りでスイッチを探さなくても良く、便利です。


こんなちょっとしたことでも、新鮮な気分で生活できるようになりますね!

保有物件は古いものが多いので、クロスを貼りかえるとスイッチプレートや照明のようなパーツが目立つんです。
自宅で実験して、物件で実践♪

なんでも勉強です。



↓人気ブログランキング

人気ブログランキングへ


現在、135位/237です。
スポンサーサイト
コメント

それはちがう

おじゃましまーす

始めたんですね、というか9室も持ってたのか!この前よりも増えてない?

で、これはスイッチを交換でしたね。プレートはただのプラの板ですからね。

またよろしくです。

No title

25才なら向かうところ敵なしではないですか。えーなあーー

おざわさん、

お久しぶりです。

住宅は8室です。
父とやっているので、このうち自分のは5室なんです。


あれって「スイッチプレート」じゃないんですね。
「スイッチ交換」って言うのか~。

ヘタこいたー!w

やっぱり電気工事関係の日記の執筆も電気工事士にお任せしないと危ないですね。

でもそんなの関係ねー!
(↑これを書きたかっただけ)

せくすいさん、

コメントありがとうございます!

今は若さしかありませんが、若いうちに先輩方に色々と教えていただこうと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。