DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:管理・リフォーム

甲府の戸建は、プロパンガス会社に追い炊きにしてもらいました。

戸建でも無料で追い炊きにしてくれる会社があるのですね。

戸建は無料交換しないという業者が多くて一時は諦めていましたが、ある不動産会社さんがガス会社さんを紹介してくれました。



給湯器を換えたのですが、給湯器からキッチンまでの管が詰まっているようでした。

ガス会社は業務の範囲外ということで引き上げてしまいました。


そこで水道屋さんに来てもらって、見てもらいました。

水道屋さんのオッサンはメタボ気味で、んっんっと言いながらパイプレンチを回していました。

やはりお湯の給水管が詰まっているとのこと。

築後35年が経過していて、しかも半年くらい使わなかったため、管の内側が錆びて詰まってしまったようです。


オッサンは電話で同僚に電話を掛けて「鉄砲もってこい!」と言っていました。

たぶん水圧で管内を貫通させる道具だと思います。

鉄砲を使うところは立ち会わなかったのですが、たぶん、んっんっと言いながら鉄砲をやったのだと思います。



給排水のラインは、早くて20年で寿命が来ると言われています。

ただ、これまでの20年と、これからの20年は違います。

使われる管の材質が違うからです。

もっとも材質と同様に、使いかたの影響も大きいと思われます。

設備を良いコンディションで維持するためにも、空室期間は短くしたいものです。


これまでは管が詰まっていたら、配管をやり直さなければいけないと思い、戦戦兢兢としていましたが、場合によっては今回のように、鉄砲でんっんっとやれば大丈夫みたいです。

んっんっさん、ありがとうございました。 ←いつの間にか名前が決まった
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。