DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:勉強


昨日の記事へのコメントで、面白いテーマをいただきました。

>消費税還付は結局払わなければいけないものを先延ばししているだけとおっしゃる方もいる
>もし結局払わなければならないなら、それほど一生懸命に取り組む必要性はあるのだろうか


昨日の記事に書いたとおり、消費税の還付は基本的に免税事業者であるからこそ利用する意味のあるスキームだと思います。
消費税の還付を受けるためには、免税事業者の場合は消費税課税事業者選択届出書を提出する必要があり、消費税課税事業者選択不適用届出書を提出した翌事業年度から免税事業者に戻ることができます。

課税事業者選択は継続適用が必要な期間が2年だけというところがポイントです。
この期間の課税売上高に対する消費税額だけは負担する必要があります。
その後に免税事業者になれるならば、なんと言うか…「もらい逃げ」ができます。


「へぇ~」と思われた方、応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ



もし3期目に課税事業者となるならば、「納税の先延ばし」であると思います。
ただ納税の先延ばしであったとしても、メリットはあります。
先払いしたからといって税額を割り引いてもらえるわけではないからです。
だったら課税の繰り延べをフルに利用して、浮いた資金を運用した方が有利です。


これは減価償却にも同じことが言えます。
法人税法では、減価償却費は限度額内で任意に計上できます。
限度額が100円なら、100円でも0円でも良いのです。

100円とする → 今の税金を減らして将来の税金を増やす

0円とする  →  今の税金を増やして将来の税金を減らす

一般に申告時には限度いっぱいの償却費を計上します。
同じ税額であれば、今よりも将来に納税したほうが有利だからです。

このような理由から、みなさんは消費税の還付を一生懸命に取り組まれるのだと思います。


オマケ☆

ということは…
不動産賃貸業に限らず、
・課税事業者に該当しない程度に分社する
とか
・個人事業で始めて、3年目から法人(消費税法上の新設法人に該当しない法人)にする
とか、いろいろ工夫できますよね。

むふふ。 ←!




人気ブログランキングに参加しています☆

人気ブログランキングへ


おかげさまで、前日96位でした。

まずは50位を目指しています!
ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント

No title

そうですよね。不動産以外にも使えますね^^
ただ、毎月の(そうでない場合もありますが)消費税申告を2年間複数こなすのは素人考えだと大変でしょうが・・・・。

takaさん、

仰るとおり、課税期間の特例を使うと早期に還付がなされますが手間が掛かります。
特例を不適用とすれば、2回の申告だけで済みますので、資金繰りに余裕があればそうしたいです。

No title

個人事業で始めて、3年目から法人(消費税法上の新設法人に該当しない法人)にする
とか、いろいろ工夫できますよ

とありますが、私の場合はこれがいいのかなって思いました。
今年の課税売り上げは1000万円を超える予定なので。
新設法人設立後はどうなるのでしょうか?設立後二年後に納税発生ですか?

星輝さん、

基準期間の課税売上高によって、消費税の課税事業者かどうかが決まります。
基準期間の課税売上高とは「当該事業年度開始の日の2年前の日の前日から同日以後一年を経過する日までの間に開始した各事業年度の課税売上高を年間算した金額」です。(消費税法暗記)
税法って意味が分かりませんね。

日本語で言うと、2年前の売上が1000万円を超えるかどうかです。
今年超えれば、翌々事業年度は課税事業者です。
だから翌々事業年度からは法人で商売するのが利口です。

法人についても同じで、設立した最初の事業年度は基準期間がありませんので、免税事業者です。
ただし「消費税法上の新設法人に該当しない法人」にする必要があります。
資本金が1千万円以上の法人については、基準期間がなくても課税事業者とされるからです。

星輝さんが作られる法人の資本金によって、最初から消費税を納めなければならないか、最初の2年間を免税事業者として過ごせるかが決まります。

No title

ご丁寧にありがとうございます。結論もしっかり分かりました。
私の場合は少なめの資本金でH22年度から法人にすれば最初の二年間は消費税を納めないでいいということになるんですね^^

でも、その後は結局は払わなければいけないわけですね。。

星輝さん、

回りくどい説明で済みませんでした。
法人設立後3期目は、物件取得の年にしてみてはいかがでしょうか。笑

No title

何度もご回答ありがとうございます。
三期目に物件取得の年にすると、経費が多くなるからお勧めということでしょうか?

星輝さん、

分かりにくくてすみません。
3期目はどうせ課税事業者になるので、だったら物件を取得して消費税還付を受けましょうという意味合いでした。

昨日ソシアルビルと指値日記が同一人物の作品であることを知りました。汗

No title

なるほど、非常に分かりやすいです。その際、三年後ですけど、ご相談させていただきます。
ブログは指値挑戦日記から分かれて、ソシアルビルオーナーの日記ができた形です^^
遊びに来てくださいませ^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。