DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:勉強

内閣府経済社会総合研究所景気統計部
消費動向調査

http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/menu_shouhi.html


ここの統計を加工してみました。

09062901


○ 4年間で、使用年数が増えたもの

乗用車
DVDプレーヤー
パソコン
デジカメ
携帯電話

乗用車を除いて、デジタル家電ばかりです。
いわゆる白物家電については、短くなっています。


○ 故障が買換え理由として多いもの

洗濯機
掃除機
冷蔵庫
エアコン

白物家電ばかりです。
基本的な機能が変わらないから?


○ グレードアップが買換え理由として多いもの

デジカメ
DVDプレーヤー
携帯電話
乗用車

次々に新たな機能が加わるものが多いようです。
近々テレビも故障以外の買換えが増えそうです。



では建物は何年くらい使われているの?


総務省統計局のデータをあたっても、それらしいものは見当たりませんでした。

http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/kekka.htm
このあたり?



建物は他の諸財と異なって、それ自体の耐用年数の使用年数に対する影響度が小さいと思います。

理由とその例示としては


・建物はその付帯設備と関連してその価値を発揮するものである

鉄筋コンクリートの建物が100年使えるとしても、配管などが30年でダメになれば終わり。


・建物はその環境の変化によってその価値が変わる

むかしの商店街にある建物は、現在においては商業施設として使いにくい。


・特に居住用建物は所有者の個別事情の変化により使われなくなる

引越し・年齢や家族構成の変化により建物の価値を所有者が充分に引き出せない。



建物は建ってから何年くらいでその役目を終わるのでしょうね。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。