DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:勉強
「建築物の敷地は、道路に二メートル以上接しなければならない。」
(建築基準法第四十三条)


43条を満たしているかどうかで宅地の経済価値は大きく変わるので、物件の検討には敷地と道路の関係がとても重要。


「道路」とは?

「この章の規定において「道路」とは、次の各号の一に該当する幅員四メートル以上のものをいう。」
(法42)


?道路法による道路
(42-1-1)

通称「1号道路」


?都市計画法等による道路
(42-1-2)

通称「2号道路」


?法が施行された際、既に存在する道
(42-1-3)

通称「法以前道路」「既存道路」

これには私道も含まれる。


?都市計画法等で2年以内に道路をつくる事業が予定され、かつ指定を受けたもの
(42-1-4)

通称「計画道路」

これは、完成したら?か?になる。


??~?以外の私道で位置指定を受けたもの
(42-1-5)

通称「位置指定道路」

まれに4m未満のものもあるらしいです。
私権の制限がある場合があります。


??の場合で、4m未満で、既に建築物が立ち並んでいるもので指定を受けたもの
(42-2)

通称「2項道路」「みなし道路」

セットバックあり。


?「敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限り(接道義務)でない。 」
(43但)

通称「43条1項但書道路」(道路とは限らない。少なくとも建築基準法の道路ではない)

接道義務の救済措置。


建築が可能な敷地は?~?に2m以上接しているか?に該当する敷地のみです。

あとは日曜とか夜とかにチャチャッと造っちゃうとか。笑


この法律(特に43-1但)の運用は、地域によって違います。

権限が特定行政庁(市町村長や知事)にあるからです。


競売を見ていると???が良く出てきますが、ドキドキします。

既に建築物が建っている場合でも、再建築が可能かどうかを左右するので、公的資料や現況により確認することが必要です。

宅建にも出ますよ~
スポンサーサイト
コメント

No title

>宅建にも出ますよ~

はーい、ありがとうございます。(笑)

haruchan61 さん、

試験まで半年もあるから、余裕ですね。
大家さんは、勉強ができていれば、合否は関係ないです。
気楽にいきましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。