DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:資金調達
スガル(仮称)が使えないのは誤算でした。

地銀が全滅なので、ノンバンクを当たってみることにしました。



?サイフ邸宅ローン(仮称)

大家業において、ノンバンクの中では唯一使えるとされているところです。
ただ条件的には厳しいことを要求してきます。

執着のある不動産(自宅など)を担保として、配偶者を保証人としなければ、物件の60%が上限となる。
手数料は融資額の1.5%(最低10万円)+消費税。
火災保険を融資期間+1年で一括契約。
融資期間は6~30年(希望をベースとする)。
変動4.1%。

執着のある不動産を担保って…、どこの銀行も考えていることだけど、こんなことをあからさまに言うのところも珍しいですね。笑


ここは結論から言うと、融資の内定が出ました。
ただ決済を取扱店でするので、こちらの支店での取り扱いであれば売主さんや業者さんに来ていただく必要があり、物件の近くの支店で取り扱っていただくと債務者及び連帯保証人が事前に一度現地の支店に足を運ぶ必要があります。

銀行に比べて審査が早いので、利用価値があると思いました。



?全国邸宅ローン保証(仮称)

この会社が銀行から融資してもらえなくなったという理由で、申込を断られました。
びっくりしました。



?サイフエステート(仮称)

手数料は融資額の5%が上限。
審査後、電話が掛かってきて、何でそんな高値で買ったんだ的なお説教が始まり、貸さない理由を色々と言ってくれました。汗

実際に会う機会があったら、おならでも かましてやろうと思います。笑



?SOSインベストメント(仮称)

保有目的だと物件評価の50%が目安で、MAX60%。
売却目的だと100%だけど、期間は半年~1年。
手数料は5~6%。
調査料が157,500円。

ここは面白くて、共同で物件を仕入れて、売却金を折半するというエクイティー投資に近いこともしているようです。



ノンバンク系では、とりあえず1社OKが出ました。
パンクの危機はなくなりましたが、交通費を含めたコストが大きすぎるのが難点です。



ノンバンクしか相手にされないピンチな人。
次はそんなピンチな人を救うための金融機関、政府系金融機関の経過報告です。

つづく
スポンサーサイト
コメント

No title

各金融機関の仮名が
面白しろすぎです!(≧▽≦)

キッコンがんばれ。(笑)

haruchan61さん、

ありがとうございます。
一人でニタニタと書きました。

金融機関の方が読んだら、たぶん怒ります。笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。