DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:物件情報
・自分のこれまでの経緯
・目標
・物件を紹介してくれた先輩大家さんとの関係
・今回の買い付けの意志

そして、一つの気遣い。

それは…

僕が物件を買うことになったら、他の投資家は買えないわけです。
僕は過去に、物件を3時間差で他の投資家に持っていかれた経験があります。
とても悔しかったです。

そんな悔しい思いをする人が発生してしまうのと同時に、
「不動産屋さんが買付を入れた人たちに断りを入れなければならない」のです。
これは気持ちの良い仕事ではありません。


「うちで取り扱わせていただく場合、業者さんに、そのような仕事をさせてしまうことになりますが、それをお許しいただけるのであれば、やらせてください!」
「そして契約時に、それが無理なら決済までに、売主さまにきちんとご挨拶をする段取りを付けていただきたい。」
と言いました。

不動産屋さんは、心が動いたご様子でした。

おそらく、他は買いたいばっかの投資家たち。
自身と物件のことしか頭に無いのではないでしょうか。

でも不動産屋さんは、売主サイドの事もあります。
取引条件の如何よりも、当事者全てが気持ちよく取引を結了できることを第一に考えていると思います。


そして、不動産屋さんから一つの提案がありました。

つづく
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。