DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類

労働による収入と不労所得の比較は難しいものです。

不労所得とは、働かずに得られる収入のことで、「所有していること」や「地位」によってもたらされる収入です。
よくある勘違いは、株式取引のうちデイトレードなどのように時間がかかる方法で得られる収入を不労所得と認識していること。
株から得られる収入は、その投資手法によって労働収入と不労所得とに分かれます。

そういう意味では究極的には不労所得など存在しないので、そこは割り切って「ほとんど手間が掛からず得られる収入」を不労所得として考えましょう。


生活費を超える不労所得があれば、労働をする必要はなくなります。
だから「どうしても働かなくてはならない」というプレッシャーが無いので、活き活き&のびのびと仕事をすることができます。
また自分のみに何かが起こったとき、例えば病気や怪我で仕事ができなくなっても、家族を養うことができます。

このような状態を目指して、ビジネスをシステム化したり投資をする人が増えてきました。
だいたい第一段階の目標は、「今の給与収入を不労所得が超えること」でしょうか。
目標なんて何でも良いんですけど、給与所得者に欠落している考え方が「不労所得の質」です。

給与と他の収入では、金額だけで比較することはできません。
給与の特徴は、
・定期的な収入であること
・変動が少ないこと
・法的に強く保護されていること
などですが、不労所得の多くはこのような特徴を持っていません。

株の配当であれば、その会社の業績によっては去年と同じだけの配当を今年も得られるとは限りません。
利子であれば、市中の金利動向によって不労所得の金額が左右されてしまいます。
そして株にも預金にも言えることですが、元本部分のデフォルトリスクも加味した利回りを用いて評価する必要があります。
事業を所有するとなるともっと大変です。

我々不動産賃貸業者はどうでしょうか。
仮に全ての業務を外注したとして、今の収入が来年もあるのかどうか。
とても不安定です。
加えてこの国の建物賃貸借契約は、賃借人に有利な仕組みになっています。

労働収入には労働収入の特徴があり、不労所得には不労所得の特徴があります。
両者は異質のものなので、単純に金額だけで比較できません。


僕の理想は両方あることです。
自分の身に何かあっても家族を不安にさせない不労所得と、自分がダイレクトに社会の役に立っている・自分の能力を生かせている・自分が成長していると感じられる労働収入。

不労所得が充分にあっても、毎日ボーっとしていたりストレスがない生活は詰まんないです。



それと話はそれますが、労働収入を得るにはお金が掛かります。
飲みに行ったりスーツを買ったり通勤したり…。
あとストレスが多いと無駄遣いをしがちです。
意外とリタイアすると支出が減るものなんですよね。

昼の仕事と夜の仕事を掛け持ちしていた時も、全然お金は使わなかったなあ。
使ってる時間が無かった。


むかし母に「○時から○時までは税金の為に働いていて、○時から○時までは交通費の為に働いている計算になるよ。残りが自分の分だね」と教えてあげたことがあります。
めっちゃ凹んでました。笑
色んな意味で労働収入は抵抗が大きいんです。



人気ブログランキングに参加しています☆

人気ブログランキングへ


おかげさまで、前日98位でした。

まずは50位を目指しています!
ありがとうございます。

スポンサーサイト
コメント

No title

>それと話はそれますが、労働収入を得るにはお金が掛かります。

これはこれで同意ですが、不労収入だけだと、暇なんでお金を使ってしまうんですよね。日本の場合。

年金の老人もそれで苦労しているはずです。暇だけあって楽しむには金がもっと必要。。。

せくすいさん、

そうですね。
ストレスから開放されると、無駄遣いしないけど、時間が余るとその分お金が出て行くかもしれませんね。

お金を使わないと暇がつぶせない日本人。笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。