DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:管理・リフォーム


気になる記事がありました。



------

敷・礼なし「ゼロゼロ物件」トラブル続出、若者ら提訴へ

敷金・礼金なしでマンションやアパートが借りられるとして低所得者にも人気の「ゼロゼロ物件」。だが、「家賃の支払いが数日遅れただけで、部屋の鍵を交換された」といった苦情も多く、入居者への強引な措置が問題となっている。

こうした中、同物件の入居者が10月、不動産会社に慰謝料など1人あたり数百万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こす。非正規雇用の拡大など収入の不安定な人が増える中、被害対策弁護団は「行き過ぎた『貧困ビジネス』は見過ごせない」と話している。

提訴するのは、不動産会社「スマイルサービス」(東京)のゼロゼロ物件に入居する都内の男性ら20~30歳代の3人。弁護団によると、同社の物件では、敷金・礼金を払わなくていい代わりに、家賃の支払いが1日でも遅れると、家賃約6万円に「違約金」などの名目で約2万円が上積みされる決まりで、無断で部屋の鍵を換えられたり、留守中に荷物を処分されたりしたケースもあった。

------


違約金については民法90条での処理(公序良俗違反の問題とする)しかないと思います。
「取引慣行である敷金・礼金をゼロにする代わりに違約金条項を加えた」という2つの要素がバランスを欠いているかどうか。

たしかに家賃が1日遅れて違約金2万円は大きすぎるかな。
でも慰謝料を1人あたり数百万円も大きすぎます。


賃貸借契約は継続的な双務契約であり、信頼関係破壊の法理が成り立ちます。
賃貸人が使用収益させる義務を履行しているのに、賃借人が賃料支払義務を履行しなければ、債務不履行です。

通常債務不履行の場合は催告後解除できますが、賃貸借契約について解除できるかどうかは信頼関係が破壊されるかどうかで決まります。
「たまたま家賃の振込みが遅れてしまった」程度であれば、信頼関係が破壊されたとは言い切れず、解除事由にあたりません。

また家賃を滞納し続けているなど、信頼関係が破壊されていると認められる場合には、催告無く解除できます。
信頼関係が破壊されているので、催告する意味が無いからです。

裁判では契約締結の経緯や、契約期間の当事者間のやりとりも考慮されます。
判決が楽しみです。


「無断で部屋の鍵を換える」
「留守中に荷物を処分する」
これらは明らかに違法です。
民法は自力救済を否定しています。

個人的には、鍵なら換えちゃうかな。
話し合いができない時は、それが早いと思います。
荷物の処分は「止むを得ず」という場合だけですね。


…よって全ての白アリを死刑に処す!




人気ブログランキングに参加しています☆

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コメント

No title

遅れて払うのが一番悪い気もしますが・・・

こういうのを弁護する弁護士ってどうなの?ともちょっと思っちゃいます。

もし裁判で勝って数百万賃借人がもらってもぜーったいくっだらないことに使って余計に彼らの人生ぐずぐずになると思うんだけどな~。

あ、半分くらい弁護士が取るのか。
この弁護士が一番の貧困ビジネスだったりして。

yukiさん、

>この弁護士が一番の貧困ビジネス

鋭い!

本件について、「基本的に賃料8万円、期日内に支払ったら6万円」という契約にしていたらどうなったでしょうね。

No title

今の日本、正社員並にフルタイムで働いても、生活保護以下の収入しか得られない非正規就労者層が増大しています。

その層は、失業や病気などの理由で、簡単に住むむ所を失ってしまいます。

ボランティアに行ってみて、愕然とするほど悪くなっている状況を知りました。

働きたくても働けない、家賃を払いたくても払えない人々が急増しているんです。
http://blog.goo.ne.jp/polyhedron-f/e/63343aac28473b719e7f7e55266e4d08


最近、ルポ「アメリカ貧困大国」(堤未果、岩波新書)を、読みました。

戦争を支える、格差・貧困層の拡大という構図があぶりだされ、背筋が凍る思いです。

大家の一人として、貧困ビジネスに与する業者を憎みます。


ところで、ゼロゼロ物件被害対策弁護団の宇都宮健児弁護士は、多重債務者問題に長年携わってきた人です。
「多重債務者事件の弁護士報酬は、わずか数万円程度。違法なヤミ金融の背後にいる暴力団幹部らの脅迫電話を受けることもあるにもかかわらず、年間100件以上の多重債務の相談を扱う。」(日経ビジネス・オンライン、2008,2,21)

akoさん、

件の弁護士さん、そういうお方だったのですね。
知りませんでした。

「働けない」「払えない」という状況に在る方について、本人がそれを不幸に思っているのであれば、痛み入ります。


こんな書き方をしては実も蓋もありませんが、僕が本当に思っていることを書きますね。

社会に貧困が存在することは正常です。
学校にいじめがあることは正常です。
世界に飢餓があることは正常です。
女性蔑視があることは正常です。
男性蔑視があることは正常です。
戦争があることは正常です。
人々の中に、自分を不幸だと思っている人がいることは正常です。

社会問題を考えるときは、そこがスタートです。
そうでないと、「弱者に対する許し」だけになってしまい、「強者に対する許し」ができません。

「貧困ビジネスに与する業者」を許せるようになれば、真に社会問題を考える(解決する ではなく)ことができるようになると思います。

マザーテレサやガンジーが、今も人々に影響を与え続けているのは、そういう理由ではないでしょうか。



以上、失礼を承知で書かせていただきました。
せっかくコメントをくださいましたのに、お気を悪くされたらごめんなさい。
もっとうまく表現できたらと思います。

No title

えのっち様

気を悪くするなんて!

えのっちさんが、深くものを考える方である事が更に分かって嬉しいです。

本当に思っていることを、真剣に書いて下さってありがとうございます。

私も、もう少し思う所を書かせていただきたいのですが、この時間になると頭がフリーズで、、すみません。

明日の早朝から3日間は、パソコンのない所に行ってしまうし。。


こんな風に意見をストレートに言っても大丈夫、と信頼できる若い方を見つけた事が嬉しくて、その感謝だけ、今お伝えしたいと思いました。

akoさん、

ありがとうございます。

ボランティアで知ったことやakoさんのお考えを今度教えてください。
視野が広がりそうな気がします☆

僕もパソコンの無いところに行きたいな~

daichoさん、

はじめまして。
残念ながら5日は参加できませんが、
がんばってください。
本面白そうです!

(コメントもコピペ)

No title

宇都宮さんには会ったことあります。講演で。

債務整理のときはいい人だったけど、この件はすうひゃくまんはおかしいだろう・・・

って感じですね。

遅れたらたくさんとるこの会社の契約へんだけど。

横浜せくすいさん、

「社会的弱者」「数百万円の損害賠償」…メディアを利用するためには必要なパーツだと思います。
提訴の段階では、言ったもん勝ちですものね。

遅れたらたくさんとるこの会社の契約は、金銭債務の履行遅滞に対する損害額の予定ということで、法的にはオーソドックスなものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。