DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:資金調達
すっかり有名になった言葉、サブプライムローン。
これ、5年くらい前に利用しようとしたことがあります。

当時キャッシュフローゲーム仲間と一緒に、ハワイの不動産を買おうとしていました。
結果的には買わなかったのですが、買っていたら今ごろ…華やかな生活を送っていたかもしれません。笑

ローンを組むにあたって、債務者の信用が問われるのはどこの国も同じです。
日本では信用情報を金融機関が共有していますが、アメリカにも同じようなものがあります。
「クレジットヒストリー」というものです。

このクレジットヒストリーという信用情報のスコアによって融資条件が変わるので、人によってはスコアリングを意識してハイスコアを維持するために借りたり返したりの実績をわざわざ作る人もいます。
融資利率が下がるのであれば、スコアを上げるための利息は安いのかもしれません。

さてさてクレジットヒストリーの無いマッサラ日本人がアメリカでお金を借りようとした場合、普通の銀行は怖がって貸してくれません。
そこでサブプライムローンの登場です。

僕たち投資家チームの当初の計画では、サブプライムローンを使って物件を取得し、2~3年経ってから一般のローンに借り換えをする予定でした。
2年くらい事故を起こさずにクレジットヒストリーを育てれば、利率の低い一般ローンを利用できるようになるからです。

またアメリカでは物件の評価額は上昇していくものなので、インタレストオンリーといって利息のみの支払いで元金はそのままというタイプのローンにする予定でした。
アメリカの物件は、それでも日本の物件ほどキャッシュフローは出ません。

他にも日本の不動産の常識が、アメリカでは通用しないことは多く有ります。
間取りを寝室とお風呂の数で表すとか、角地は敬遠されるとか、庭が平らかどうかを気にするとか…

世界各地の不動産の常識を調べると、日本でも応用できることが見つかるかもしれません。
いつかは海外にも持ちたいです。



人気ブログランキングに参加しています☆

人気ブログランキングへ


前日113位でした。
まずは50位を目指しています!
ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント

No title

おお、結構よく調べてますね。
>角地は敬遠される

のは知りませんでした。何か理由知ってますか?

>間取りを寝室とお風呂の数で表す
これはあちらで生活すると、違和感なくなくなります。2バスもそれなりに便利だと気づきます。

ハワイに手を出そうとしたんですか。良かったですね。チャンスが来ますよ。

No title

あ、えらそうにコメントしましたが、私も同レベルの知識ですから。。。つい、うれしくなって。

セクスイさん、

角地が敬遠される理由ですが、セキュリティ上のことのようです。
(1)敷地に2方面からアクセスできる
(2)自宅前の通行が多い
という理由だそうです。

だからサブディビジョンのなかでも奥のほうの袋小路に立地した家は人気です。
家の前を家族やお隣さん以外が通ったら、すぐに「怪しい」と気付けるからです。


日本でも2バスの家に住めたら優雅でしょうね。
向こうはそれが普通なんですってね。

No title

なるほど
理にかなってますね。

角地大好きの日本と違いますね。

冬の寒い州に住んだときは、2バスよりも、日本人的にはボイラーの給湯能力が勝負でした。、一人が入ると、追い炊きができないため、次の人は20分待たねばならなくなりました。。

セクスイさん、

国の中でも地域によってそのような違いがあるのですね!
角地については、リンロンさん宅に行った時に教えていただきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。