DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類

司法書士さんから住民票を要求されました。

今回は所有権移転登記と抵当権設定登記を同時に行います。
抵当権設定登記の申請には抵当権設定者の印鑑証明書を添付します。
印鑑証明書の記載事項には、住民票で確認する事項が含まれているので、印鑑証明書のみで足りるはずです。

ということで、司法書士さんに電話で確認しました。


「よくご存知ですね~」

…知らないと思って、テキトーな要求してんじゃねーよ。笑


今回の行動の経済的価値は…

住民票発行手数料(200円) - 電話代(数十円) + 住民票発行の労力(プライスレス)

ということで、微妙です。汗


士業の人の行動原則は、「安全重視」です。
「念のため」に、余計なことをいっぱいさせます。


登記に関しては、特に余計な書類を要求されることがありますが、「それって本当に必要ですか?」と確認することで、書類が減ることが多いです。

よくあるパターン…

「住民票と印鑑証明書をご用意ください」
→上記の通り、住民票⊂印鑑証明書なので、印鑑証明書のみでok

「当事者全員の印鑑証明書をご用意ください」
→当事者のうち、一方的に利益を受けるのみの者については、印鑑証明書は不要

「固定資産税評価証明書をご用意ください」
→固定資産税通知書も同じ内容の証明になるので、これの写しを添付(評価証明は発行手数料が必要)

また必要な添付書類が十分に無い場合でも、登記官の職権でokになる場合もあるので、まずは相談してみましょう。
「申述書」を添付して解決できる場合があります。

また添付書類が原本ではなくコピーの場合でも、「原本の写しに相違ありません」&署名押印でokです。

登記申請書には、相談した登記官のお名前を鉛筆書きでメモしておくと、処理がスムーズです。


以上は、本とかには載っていないテクニックですね。
マニアックな人は覚えておきましょう。

なんでそんなことを知っているのか。
それはたくさん経験してたくさん失敗しているからですよ。
ぐははは。


この日記が為になったという方は、ニートのくせに借金がたくさんあって困っているので、募金をお願いします。爆



人気ブログランキングに参加しています☆

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント

No title

司法書士事務員時代、いわれたままに動いていたのであまり考えなしでした。汗
ちょうど今のえのっちさんくらいのころです。

タメになったので、鳩サブレ2枚でいいでしょうか?

No title

住民票と印鑑証明の使う対象が違います。

とかいわれそうですね。


yukiさん、

司法書士事務員されていたんですか!?
yukiさんって万能ですね!
今後、ご相談させてください。

>タメになったので、鳩サブレ2枚でいいでしょうか?

実印押印済みの白紙委任状と印鑑証明書で結構です。笑

セクスイさん、

仰るとおり、使う対象が違います。

住民票 → 所有権移転登記
印鑑証明書 → 抵当権設定登記

所有権移転登記については、当方が登記権利者になりますので、住民票でokです。
もちろん印鑑証明書でもokです。

抵当権設定登記については、当方が登記義務者となります。
不利益を受ける立場になるので、本人の意思に基づくことの確認の為に印鑑証明書を添付します。

以上の理由から、2つの対象(登記申請)に印鑑証明書だけでやっちゃうのです。

会社のサイト、充実しましたね!

No title

ええ、充実ちょこちょこ。

検索エンジンでも(G)上位になったので、結構訪問いただいてます。

いいのでしょうか。。。

実は、ある賞も受賞したんですが、それはまだ公開は控えてます。

うずうず。

セクスイさん、

不動産仲間へのリリースができる日を、心待ちにしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。