DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:物件情報
任売不調、のちに競落


この物件の続きです。

この物件には通路になっている部分があり、通路に添って細長い隣地がありました。

その細長い隣地は境界もはっきりせず、他に売ることもできず、活用も難しい土地でした。


競落後、隣地所有者とコンタクトをとりました。

話をしてみると、やはり売りたいご様子でした。

しばらく放置していたら電話が掛かってきて、早く買って欲しいとのこと。

とりあえず話をしにいって、またしばらく放置。

また電話が掛かってきて、いつになるのかと聞いてきます。

うちにとっても価値がないのでゼロと言いたいところですが、50万円と回答しました。

・・・怒られました。

安すぎたようです。

競落価格から土地単価を出すと150万円くらいになるので、そのくらいで買ってもらえると思っていたようです。

もういちど検討しろと言われました。

ちなみに路線価で238万円です。


またまたしばらく放置してから連絡を入れました。

え「すみません、今回はうちもお金が無いので、残念ですが購入をあきらめます。情けない話でごめんなさい。」

隣「買わないだと~!だったら借りろ。」

え「お借りすることもできません。」

隣「だったらバリケードつくる!」

え「わかりました。ただ境界が判然としないので、境界確定の際はご協力しますのでご連絡ください。」

・・・また怒られてしまいました。


しかし直後に電話が掛かってきました。

奥さんでした。

奥「先ほどは主人が失礼なことを言ってすみませんでした。その値段で買っていただきたいです。」

旦那さんに電話を代わって、

隣「さっきは子どものことでイラついていて怒ってしまってすみませんでした。買ってください。」

はい、いっちょあがり。



実は交渉の過程で、

・他に150万円くらいで買ってくれる人を探したほうが良いこと

・うちで買う場合は測量・境界確定・仲介手数料・登記手数料が掛からないが普通に売るとコストがかかるので、他に150万円で売った場合と、うちに50万円で売った場合とで手残りは変わらないこと

を説明してありました。



決済の時はお互い談笑しながら気持よく行うことができました。

こちらの気持ちを表すため、価格を60万円に変更しておいたら喜んでくれました。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:管理・リフォーム
入居者さんから連絡がありました。

「給湯器から異音がする。」


連絡を受けた以上、何かあっては管理責任が発生しかねません。

業者さんを手配して状況を確認していただくことにしました。

え「保険が適用できそうな原因だったら教えてくださいね!」

業「どういう原因なら保険が使えますか?」

え「わかりません」


答えに窮したので保険屋さんに教えていただきました。

偶然・急激・外来

の3要件を満たすと対象になるそうです。


そういえば以前にも教えていただいたような・・・。

雷や強風でなにか当たったとかでも良いですし、
うっかり自分で壊してしまった場合でも保障されます。(契約内容によると思います)

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:資金調達
日本政策金融公庫からの融資が振り込まれました。

気分の問題ではありますが、やはり安心感があります。

そして経営上の選択肢が増えます。

今回は設備資金で償還期間が15年ですので、キャッシュフローが楽です。


今日は新しい不動産用語を覚えました。

「何商可」

店舗の募集看板に書かれることが多いようです。

「何の商売でも可能です」

という意味のようです。

業種によってはオーナーから断られやすいものもありますからね。


| BLOG TOP |

copyright © えのっち不動産 くねくね大家の日常 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。